ルノルマンカード

ルノルマンカード

ルノルマンカードとは、フランスで活躍した占い師マダム・ルノルマンの死後2年後に作られました。
当時は54枚のグランルノルマンが主流でしたが、現在は36枚構成のプチルノルマンが主流になっています。
カードにはそれぞれ象徴するイラストが描かれ、1枚で読み解くのではなく、コンビネーション読みをすることに特徴があります。
36枚全部を並べる展開方法は、その位置から状況を把握することができ、目標に向かってどう進むべきか道標も示してくれます。

タロットなどに比べると歴史の浅いルノルマンカード。故に新しい展開法が次々と伝えられています。自由度が高くタロットのような展開もできますが、36枚全てを広げる『グランタブロー』は、このルノルマンカードでしかできない占い方法です。テーブルいっぱいに広がるあなただけの『大きな絵(グランタブロー)』を楽しんでください。

ルノルマンカードは、セッションやイベントにて使用しております。